【最新版】2019年に肉眼で見れる流星群の一覧カレンダーと月齢解説

生活

星に願いを…と思ったら既に消えている流れ星。

そんな流れ星がたくさん現れる夜空のイベントと言えば、流星群ですね。

 

毎年ある程度決まった時期に現れるのですが、前もって準備を整えていないと見逃してしまう事も少なくないですよね。
数が多い流星群もあれば、なかなか見れないレアな流星群もあります。

そんな事を言われたら、「数が多い流星群を見逃さずに願い事を言いたい!」と思うのは私だけでは無いはずです。

 

そこで今回は、2019年に肉眼で見れる流星群の一覧カレンダー【最新版】をご紹介します。

カレンダーでは簡易的に

・流星群名
・観測期間
・極大日時
・月齢
・速度
・観測条件

について知ることが出来ます。

 

記事内では流星群観測によく出てくる「月齢」についても触れていますので、観測に最適な日時を事前に知ることができると思いますよ。

前もってスケジュールを立てて家族で流星群を楽しんだり、パートナーとロマンチックな夜を楽しむためのお役に立てれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

【最新版】2019年に肉眼で見れる流星群の一覧カレンダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流星群名期間極大日時月齢速度
(km/s)
観測条件
しぶんぎ座12月28日~1月12日1月4日
11:00
27.841
4月こと座4月14日~4月30日4月23日
9:00
17.649
みずがめ座η4月19日~5月28日5月6日
23:00
1.666
6月うしかい座6月22日~7月2日6月28日
7:00
24.518
みずがめ座δ南7月12日~8月23日7月28日2541
やぎ座α7月3日~8月15日7月30日2823
ペルセウス座7月17日~8月24日8月13日
16:00
12.259
10月りゅう座10月6日~10月10日10月9日
15:00
10.520
オリオン座10月2日~11月7日10月22日
8:00
2366
しし座11月6日~11月30日11月18日21.171
ふたご座12月4日~12月17日12月15日
4:00
18.235
こぐま座12月17日~12月26日12月23日
12:00
26.533

 

こうして見比べてみると期間は当然としても、極大日時や観測条件の差がとても大きい事に気が付きます。

 

速度に関しては、例えば6月うしかい座の 18km/s と、しし座の 71km/s とでは実に 58km/s もの差がありますよね。
58km/s…つまり秒速58kmと言えば、2018年に関西空港に大打撃を与えた台風と変わりません。

って言われても実感わかないので時速に換算しますと……208.8km/hになります。

つまり、一言で流星群と言っても新幹線並の速度差があるということになります。

 

ところでこの表にも書いてあって、流星群観測の時には必ずと言っていいほど目にする「月齢」って何でしょう?

 

何となく分かっているようで説明を求められたら答えられない…と言う方も多いのではないでしょうか?

恥ずかしながら私がそうでしたので、次項で分かりやすく解説していきますね。

スポンサーリンク

月齢とは?を分かりやすく解説!

 

よく耳にするけどイマイチ分からない、月齢とは何でしょう?

 

月齢を分かりやすく言うと月の満ち欠けの状態を知るための目安です。

 

真っ黒で何も見えない状態の月を新月と言い、まん丸な状態を満月と言います。

これを基準として、新月を月齢0として翌日を1、翌々日を2としながら数を増やして行き、満月は15というのが大まかな目安になります。

 

新月(しんげつ)   月齢0
太陽と月と地球が一直線上に並ぶので、肉眼では見えない状態の月です。

 

三日月(みかづき)  月齢2
弓や剣や眉に例えられたり、初月、若月とも言われます。

 

上弦(じょうげん)  月齢7
新月から満月に向かう過程の半月で、弓に似ているので弓張月とも言われます。

 

十三夜(じゅさんや) 月齢12
これから満ちていく月で、満月に次いで美しいとされ月見をの風習もある月です。

 

満月 (まんげつ)  月齢15
十五夜、望月とも呼ばれ、いちばん丸い状態の月です。

 

更待月(ふけまちずき)月齢19
夜更にあがってくるという意味の月です。

 

下弦 (かげん)   月齢22
満月から新月に向かう半月です。

 

二十六夜(にじゅうろくや)月齢26
三日月を反転させた形で逆三日月と呼ばれたり、有明(夜明け)の月と呼ばれる月です。

 

出典:nomu.com

 

上記以外にも月の呼び名はたくさんあり、「ほぼ全て毎日の月に名前があるのでは?」と思ってしまいます。

月の見え方1つに違いを感じて名前を付け、夜空の月を楽しみにしていたであろう古来の日本人の感性に驚きます。

 

とは言え今回は流星群の記事なので、本題に戻ります(汗)

流星群観測に最適な月齢は?

 

一瞬で消えてしまう流星群の観測には、少しでも光が少ないほうが好条件です。

ネオンや街灯はもちろんのこと、月の明かりでさえも同じです。

 

ですので流星群観測に最適なのは、月明かりのない新月ということになります。

つまり、月齢0の新月の夜が流星群の観測に最も適しているということですね。

 

新月0、満月15と覚えておけば、流星群観測の予定を立てる時にベストな日時が選びやすくなると思います。

 

2019年の流星群は条件的には厳しいですが、7月末に極大を迎える「みずがめ座δ(デルタ)」と「やぎ座α」は、ともに月齢28なので新月に近い好条件です。

ちょうど夏休み期間ですので、たまには家族で夜更かししてゆっくり流星群観測というのも、お子さんは楽しいと思いますよ。

 

 

スポンサーリンク

2019年7月~12月に見られる流星群はこちらです!

 

7月12日~8月23日  

 

 

7月3日~8月15日

 

7月17日~8月24日
10月2日~11月7日
12月4日~12月17日

 

 

12月17日~12月26日

 

 

 

12月28日~1月12日

 

スポンサーリンク

まとめ

・2019年6月以降の流星群観測は「みずがめ座δ」「やぎ座α」をチェック!

・月齢は月の満ち欠けの目安で、新月0~満月15

・流星群観測には新月に近いほうが適している

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました