auビデオパスを無料期間中に退会・解約する方法を画像付きで解説!

エンタメ

auビデオパスは無料で30日間も見放題プランをお試し出来るので、とてもオトクです。

ですが好きな作品や見たい作品が無かったりすると、有料プランに入るのは二の足を踏んでしまうという気持ちもよく分かります。

 

とは言え「退会」や「解約」となると、

「面倒な手続きをしなければならないんだろうなぁ…」

「しつこい勧誘とかされるのかなぁ…」

「料金を請求されたりしないだろうか…」

等と考えてしまい、中々動き出せなかったりしますよね。

 

私は以前、電話で解約手続きをしなければならない契約を解約する際に、かけてもかけても電話がつながらないというケースを経験した事もあります。

ですから「解約」とか「退会」という言葉にはトラウマ的なイメージもあるので、不安になる方の気持ちはとても良く分かります。

 

今回の記事は、そんな不安をお持ちの方に向けてオススメします。

出だしで結論から先に言いますが、auビデオパスに関しては上記のような不安を持つ必要は全くありません

 

ビデオパスは電話での解約やアプリからの解約手続きも可能ですが、今回はウェブサイトのマイページから解約した方法をご紹介してあります。

私が実際にスマホで操作した画像を見ながら、ビデオパスの見放題プラン無料お試し退会手続きの方法を解説していきますね。

スポンサーリンク

ビデオパスを無料期間中に解約した操作を画像付きで解説!

 

まずは以下のリンクから、ビデオパス公式サイトに入ります。

 

 

 

 

なんとも言えない表情の松坂桃李さんを横目に、赤丸で囲った人型のアイコンをタップしてマイページに飛びます。

※常に松坂桃李さんが表示されてる訳ではありません

 

 

 

解約前にマイページに入ると、画像のように「見放題プラン 加入済み」と表示されています。

赤丸で囲った「退会」とタップします。

 

 

ここで、無料プランの残り日数の確認が出来ます。

 

大事なことをお伝えしておきますが、ビデオパスは無料期間の期限を表示している場所がありません。

「無料期間中に解約する予定だったのに、うっかり有料プランに移行していた!」なんて事にならないよう、無料プランに加入したら加入した日時をメモしておくことをオススメします。

 

もしもメモを無くしたり日時を忘れてしまった場合、ここまでの操作は無料期間日数の確認として使えますよね。

今回は退会するので、赤丸の「退会手続きを進める」をタップします。

 

 

 

 

ビデオパスのメリットを教えてくれて、「本当に退会してもいいのですか?」「引き返すなら今ですよ?」という無言のメッセージを送っています。

私の意志は固いので結論は変わらず、画面をスクロールします。

 

 

 

赤丸の「退会手続きを進める」をタップします。

 

 

ビデオパスはどんだけ優しいんでしょうね(笑)

「何かの手違いでこの操作してない?」

「本当に退会しちゃって大丈夫?」

「二回目の入会は無料にならないよ?いいの?」

 

ビデオパスの度重なる愛ある確認に、老眼で涙でゆがむ画面を見ながら「退会する」をタップします。

 

 

 

無事に退会手続きが完了しました。

お疲れさまでした…って言うほど疲れませんでしたよね?

 

このようにビデオパスの見放題プランの退会手続きは、誰でも簡単に出来るということがお分かり頂けたと思います。

無料期間中に退会手続きを終えれば、後で料金を請求されるような事もありませんので安心して下さいね。

 

スポンサーリンク

ビデオパス見放題退会の前に確認しておきたい大事なこととは?

 

ビデオパスは見放題のお試しプランであっても、入会すると540コインもらえます。

このコインは何に使えるのか?というと、見放題作品とは別にある最新作(有料)をレンタル視聴する時に使います。

その際は500コインを消費して、最新作品を一本レンタル視聴することが出来るんですね。

 

つまり、見放題のお試し無料期間中であっても最新作を一本レンタル視聴できるという事になります。

 

 

赤い矢印が指している部分が所持しているコインです。

せっかく頂いたコインを使わずに退会するのは勿体ないと思いますので、無料期間に気をつけながら有効に使わせてもらいましょう。

 

スポンサーリンク

auビデオパスを無料期間中に解約する方法まとめ

・ビデオパスの退会は合計7回画面をタップするだけで完了

・退会する前にコインを使って最新作をレンタル視聴しておこう

 

ご覧の通り、あっけないほど簡単に退会出来ますので、不安をお持ちの方も気にせずお試しプランに加入してみてはいかがでしょうか。

好きな作品や見たい作品があるといいですね。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました