エシャロットとエシャレットとらっきょうは何が違うの?3分で解説!

生活

 

「エシャロットとエシャレットとらっきょうを買ってきて」と言われて3種類の野菜を買って来れる人って、一体どれくらいいるんでしょう?

今のうちに正直に言いますが、私は人生でエシャロットを食べた事ないです(笑)

 

「エシャロットとエシャレットとらっきょうは何が違うの?」

と聞かれても私は答えられませんでしたし、世間でも即答出来る人のほうが少ないのではないでしょうか?

 

という訳で、「エシャロット」と「エシャレット」と「らっきょう」それぞれの違いを調査してみました。

エシャロットを食べたことのない私でもバッチリ分かりましたので、3分で理解出来るように解説していきますね。

 

スポンサーリンク

エシャロットとエシャレットとらっきょうは何が違う?

 

 

説明すると長くなるので結論から先に言いますね。

 

一言で答えるならば、

エシャレットはらっきょうと同じで、エシャロットは全く別物です

って、これでスッキリ理解できていれば言う事なし!なのですが、いまいちスッキリしませんよね。

 

もう少し詳しく解説していきましょう!

スポンサーリンク

エシャレットとは?

 

これがエシャレットです。

先程「らっきょうと同じ」と言いましたが、正確に言うとエシャレットはらっきょうを軟白栽培したものになります。

 

軟白栽培とは?

 

読んで字のごとく、野菜が軟らかくて白くなるよう、日光を遮って栽培した野菜の栽培方法ですね。

軟白栽培をすることによってエグみが少なくなり、しかも柔らかくなるので生で食べる事に適した若いらっきょうに育てることが出来るのです。

 

らっきょうはエシャレットと同じなのに、何故表記が違うの?

 

ここも話すと長くなりそうなので、手短に行きますね。

 

そもそも「エシャレット」という野菜を生み出した親とも言えるべき方は、東京築地で青果卸業者をしていた川井彦二さんです。

川井さんは当時、1年ものの早獲れ根らっきょうを売っていました。

 

ですが全く売れず、

「根らっきょうの売れ行きを伸ばすためにはどうすれば?」と考えた結果、

「シャレオツな商品名付けちゃえばよくね?」という結論に達し、

「シャレオツなエシャレッツ的なえーシャレ?って事で、エシャレットってどうよ?!」と閃いたかは知りませんが

根らっきょうをエシャレットとして売り出したら大ヒットしたのです!!

 

これは1950年代の話なので、日本にエシャロットは流通していない時代でしたから当時はそれで良かったんです。

ところが最近は、海外産の珍しい食材が豊富に流通している時代ですよね。

当然、エシャロットが流通し始めて市場はとても混乱したそうです。

 

って言うか、現代でもエシャロットとエシャレットの違いが分からない野菜売り場の人も多いですし、エシャロットにエシャレットと表記して売られてたりします。

間違えないために、今度はエシャロットについて見てみましょう。

スポンサーリンク

エシャロットとは?

 

 

上の画像がエシャロットです。

下の画像がエシャレットです。

 

 

こうして比べて見ると全然違うことが分かりますね。

エシャロットは細いタマネギのように見えますし、エシャレットはらっきょうに見えますよね。

 

 

これがエシャロットの断面です。

断面を見ると、ますますタマネギっぽいことに気が付きます。

調理法を見ても、みじん切りにしてソースにしたり、肉と一緒に油炒めにしたり香味野菜的な使い方をしたりと、タマネギのような調理法が主流のようですね。

 

ただ、やはり我々日本人の食生活には馴染みが無かったように思います。

世界ではどうなのでしょう?

世界のエシャロット事情を見てみましょう。

 

外国でのエシャロットの呼び方

 

エシャロット      フランス

シャロット       アメリカ

胡葱(フーツォン)   中国

紅葱頭(アンツァンタウ)台湾

乾葱(コンチョン)   香港

หอม(ホム)      タイ

 

主に欧米で使われているかと思っていたのですが、意外とアジアでもメジャーな野菜だったことに驚きました。

漢字で表記すると「葱」の字が入っていることから、やはり「らっきょう」ではなく「タマネギ」なのだと分かりますよね。

 

ですが日本のスーパーで「エシャロット下さい」と言っても、エシャレットが出てくる可能性はまだまだ高いです。

なので日本で確実にエシャロットを買いたい時は「ベルギーエシャロットを下さい」と言えば大丈夫です。

 

「エシャロットは中東原産なのに、何でベルギーエシャロットって言うの?」というツッコミはなしでお願いします(汗)

 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • エシャレットはらっきょうを軟白栽培したもの
  • エシャロットは見た目も使い方もタマネギに似ている
  • 日本でエシャロットが必要な時は「ベルギーエシャロット」と言う

 

名前や使い方は違いますが、効能的には似たような立ち位置です。

血液サラサラ効果や疲労回復効果等が期待できるそうなので、上手に使っていきたいですね。

 

私はエシャロットを使った料理を食べてみたいです。

生活お役立ちフード
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアして下さると嬉しいです
massanをフォローする
スポンサーリンク
まっさんず

コメント

タイトルとURLをコピーしました