三國ケネディエブスU-20アビスパ福岡までの経歴と克服した2つの弱点

スポーツ

 

192cmの身長と50メートル6秒フラットの俊足を活かし、高卒ルーキーながらアビスパ福岡で堂々とプロ選手としてサッカーをする三國ケネディエブス選手。

 

目立つのは身長だけではなく、ハーフとしての外見も大きな要因でしょう。

そのせいでスポーツ選手としては致命的とも言える、大きな弱点を抱えていました。

その弱点とは何でしょう?

 

三國ケネディエブス選手はこれまで、東京→青森→福岡と拠点を移してきましたが、その理由は何だったのでしょう?

まずはプロフィールから見ていきましょう!

 

出典:Twitter

スポンサーリンク

三國ケネディエブス選手のプロフィール

出典:AVISPA FUKUOKA.

 

名前       三國(みくに)ケネディエブス

出身地              東京都東村山市

生年月日     2000年6月23日

身長/体重    192cm/80kg

血液型      不明

利き足      右

スパイク         ナイキ ファントムビジョン

ポジション    DF(ディフェンダー)

背番号      17

所属チーム    アビスパ福岡

 

ナイジェリア人の父と日本人の母を持つハーフの三國ケネディエブス選手ですが、生まれ育ったのは東京都東村山市です。

東村山市出身と言えば…志村けん!と答えたあなたは私と同世代確定です(笑)

 

冗談はさておき、東村山市出身で同じハーフと言えばオコエ 瑠偉(オコエ るい)選手がいますね。

甲子園をわかせ、現在は東北楽天ゴールデンイーグルスの外野手です。

 

そして東村山市にはFC東京U-15があり、2014年にバルセロナの規約違反で帰国していた日本のメッシ、久保建英選手(当時13歳)が在籍していました。

三國ケネディエブス選手も久保建英選手も当時はU-15日本代表のチームメイトでしたから、同じ地域ということもあってLINE交換するなどして交流があったそうです。

 

中学校入学時の三國ケネディエブス選手の身長は、何と既に179cmありました。

相当大きい中学生ということで驚きますが、超大型ストライカーとして大活躍していました。

その後も身長は順調に伸び続け、現在では192cmです。

 

ん?現在では何故か、ポジションはディフェンダーになっていますね?

身長が18cmも伸びている間、三國ケネディエブス選手の身に一体何があったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

三國ケネディエブス選手の経歴

野火止小学校 野火止サッカー同好会
東京 NOBIDOME FC
青森山田中学校
青森山田高校
アビスパ福岡   ~2019

 

東京都東村山市でサッカーに明け暮れていた少年、三國ケネディエブス選手が本州の最北端の青森山田中学校に進学した理由は、2歳上のお兄さんの影響です。

お兄さんの名前は「三國スティビアエブス」で、青森山田中学→高校とサッカー部でDFをしていました。

 

DFとしてチームに貢献していた三國スティビアエブス選手ですが、順天堂大学在学中には堀池巧監督の采配で、何とFWとして起用された経験もあります。

その時の堀池巧監督いわく、「もともと攻撃が好きな選手。今季、彼のよさを活かすためにはサイドハーフかFWでと考えていた」との事です。

(弟)三國ケネディエブス選手  FW→DF

(兄)三國スティビアエブス選手 DF→FW

面白いですよね(笑)

 

そして三國ケネディエブス選手には「お兄さんと一緒のピッチに立ってなにがなんでも全国制覇を達成したい」という思いがあり、自らも青森山田中学に進学を決めたそうです。

ちなみに2015年の全国中学校サッカー大会では1試合で5得点を入れる爆発ぶりで、得点王も獲得しています。

 

進学先の決定にも影響するほど兄弟の仲が良くて本当に素晴らしいと思いますが、三國ケネディエブス選手は未だに寒さや雪は苦手らしいです(笑)

 

三國ケネディエブス選手の日本代表歴

 

U-15日本代表
日本・中央アジアU-15交流大会(2015年)
AFC U-16選手権予選(2015年)

U-18日本代表
第24回リスボン国際トーナメントU-18(2018年)
SBSカップ 国際ユースサッカー(2018年)

U-19日本代表
AFC U-19選手権2018(2018年)

U-20日本代表
FIFA U-20ワールドカップ(2019年)

出典:Wikipedia

 

U-15日本代表として参加したAFC U-16選手権2016予選の時点では、三國ケネディエブス選手はFWとしてプレーしていました。

高校2年生の頃にはFWとCBを兼任するような形となり、高校3年生の時には完全にCBにコンバートしました。

その時にこんな事を話していました。

 

「昨年からCBとしてやるべきことを先輩に聞いたり、試行錯誤しながらやってきて、今年はもうそれに集中できるようになった。今、求めているのはターンのスピードと裏への対応。空中戦は得意だけど、その分、相手は懐を狙って飛び込んでくる。そこでやられていたら意味がないので、しっかりと対応できるようにしていきたい。もう僕の中で、『CBで生きていこう』という思いが芽生えていますし、CBとしてプロにいきたいと思っています」

出典:NumberWeb

 

どうしても身長の高さに目が行きますから、「長身を活かした空中戦が得意なのだろう」と予測しますが、元々ヘディングがとても苦手だったそうです。

人一倍ヘディングの練習をして弱点を克服、FWとしてのプレイ経験が豊富なので足元でのボールタッチや捌きも上手い、そんな彼にもまだ弱点がありました。

 

スポンサーリンク

三國ケネディエブス選手の弱点とは?

出典:Soccer Digest Web

アビスパ福岡で高卒ルーキーとして異例のスタメン出場を果たしている三國ケネディエブス選手ですが、その目立つ見た目のせいか引っ込み思案な性格だったようです。

スポーツ選手にとっては弱点とも言える引っ込み思案な性格は、高校時代の黒田監督やアビスパ福岡のファビオ・ペッキア監督によって徐々に変わってきました。

 

スタメン出場した試合でも途中交代を告げられる場面も多かった三國ケネディエブス選手。

それでもスタメンとして起用し続けるファビオ・ペッキア監督。

それは三國ケネディエブス選手の将来性に賭けているからこその起用ではありますが、勝負の世界ですから敗戦が続けば監督の立場すら危ういわけです。

 

「試合前に『俺がお前をなんで使うかわかるか?』と聞かれ、言葉に困っていると、『それはお前に自信があるからだ』と言われたんです。堂々とやっているから、起用していると。それを言われたらもうやるしかない。『やれる』と自分に言い聞かせました」

出典:NumberWeb

 

引っ込み思案でも周囲のレベルの高さに圧倒されたルーキーで自信がなくても、尊敬している人にこんな愛のある言葉を言われたら力が湧いてきますよね。

この日の試合は残念ながら負けてしまいましたが、慣れないポジションへの変更などもあったのに三國選手は積極的に動いて納得の行く試合運びが出来たようです。

 

試合後のインタビューで

「久しぶりに攻め上がることができて楽しかった」

「サイドバックやアンカーもやってみたいポジションなので、問題はありませんでした。でも、やっぱりCBが一番おもしろい。『CBとして生きていく』と決めてから、よりこのポジションの深さを学びましたから」

出典:NumberWeb

と語っているのを見ると、思い切り良くプレイ出来ているのが伺えますよね。

人を育てるのは人であり環境だと、改めて思い知らされます。

2019ワールドカップU-20ポーランド大会の日本代表全メンバーの詳細や試合日程、テレビ放送予定やスタジアム等の情報が知りたい方は↓↓↓をクリックして下さいね。

U-20ワールドカップポーランド2019日本代表メンバーと試合日程
※随時更新中です

スポンサーリンク

まとめ

 

父親はナイジェリア人、母親は元スピードスケート選手という、運動能力抜群のDNAに加えて努力で才能に磨きをかけてきた三國ケネディエブス選手。

兄の後を追い東京から青森へ、そして福岡へと拠点を移してきました。

 

誰もが羨む高身長ですが、身長が大きいと人からジロジロ見られるので、どちらかと言うと内気な性格になる人が多いですよね。

ハーフという事も手伝ってより引っ込み思案になった性格も、アビスパ福岡でプロとしてプレイしファビオ・ペッキア監督の愛情と指導を受けていく中で改善されてきました。

 

U-20ワールドカップポーランド大会では、堂々たるプレイで日本のディフェンスを固めて欲しいですね。

そしてスキあらば、FW時代の嗅覚を披露した姿も見てみたいと思います。

頑張れ!三國ケネディエブス選手!

スポーツサッカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアして下さると嬉しいです
massanをフォローする
スポンサーリンク
まっさんず

コメント

タイトルとURLをコピーしました