生ゴミの消臭用袋もシートもない時はどの家庭にもある○○が効果的!

生活

暑くなってくるとどうしても気になるのが、ムォ~ンとした生ゴミの嫌ァ~な臭いですよね。

気温と湿度が高くてただでさえ不快なのに、ますます不快指数が上昇してしまうという方は多いのではないでしょうか。

最近では消臭用のシートや、臭いが漏れないゴミ袋等も販売されていて、かなりの効果があるようですね。

 

でも万が一、消臭用シートや袋を切らしていた場合、あるいは被災時などで物資が手に入らない場合だと対応しきれませんよね。
そこで今回は、どこの家庭にも置いてある○○を使って生ゴミの臭いを抑える方法をお紹介します。

 

実はこの方法、警視庁警備部災害対策課が教えてくれた方法なんですよ。
では早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

消臭用袋もシートもない時に生ゴミの臭いを抑える方法とは?


こちらが生ゴミの臭いを抑える方法を教えてくれた、警視庁警備部災害対策課のTweetです。

 

生ゴミの消臭用袋もシートもない時に効果的な、どの家庭にもある○○とはお酢の事だったんですね。

よっぽどお酢が嫌いな家庭でなければほとんどの家にありますし、キッチンペーパーも百均で買えますからお手軽ですよね。

 

では作り方を詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

消臭用袋もシートもない時に生ゴミの匂いを抑える袋の作り方

 

 

 

~用意するもの~
・キッチンペーパー  2~3枚
・お酢        大さじ3
・お水        大さじ3
・ビニール袋     1枚 
まずビニール袋を用意して、底にキッチンペーパーを敷きます。
キッチンペーパーの上に、お酢とお水を1:1の比率で混ぜたものをふりかけます。
以上!
拍子抜けするくらいにめちゃくちゃ簡単ですよね(笑)
でもたったこれだけの手間を加えるだけで、お酢の匂いで中和されて生ゴミの臭いを抑える事が出来るんですよね。
「キッチンペーパーがもったいない!」という方は古新聞などで代用してもいいかも知れませんね。
新聞紙の場合は液体が染み込みにくいと思うので、ビニール袋に入れる前に新聞紙をクシャクシャにすると染み込みやすくなりますよ。
是非お試し下さいね。
スポンサーリンク

臭いが気になる使用後のオムツには○○袋が便利!

 

こちらも警視庁災害対策課のTweetです。

臭いが気になる使用後のオムツに効果的な○○袋とは、傘用ビニール袋のことだったんですね。
デパートやスーパー、公民館などの公共施設でも見かけますよね。

 

傘用なので細長く作られていますから、使用済みのオムツを1つ入れて口を縛ってしまえば臭いは漏れません。

ただちょっとしたコツがあって、底を1回縛ってから使用済みオムツを入れて、入れたらしっかり空気を抜いてから縛るようにすると、より臭い漏れを軽減出来ます。
傘用ビニール袋はネットでも購入出来ますので、ご紹介しておきますね。

スポンサーリンク

臭い対策グッズ

 

 

楽天市場で傘用ビニール袋を探したら、送料無料で一番安かったのがこちらでした。

赤ちゃんがいる家庭ですとオムツは1日何回も交換しますから、沢山あってもすぐになくなります。
100枚が20セットですから、これだけ大量にあれば安心ですよね。

 

 

お酢が嫌いなご家族はこちらをどうぞ。
ネットでの評判も上々です。

 

スポンサーリンク

まとめ

ふだんは意識していなくても、気になり始めると気になって仕方ない!というのが嫌な臭いです。

生ゴミは臭いもそうですが、コバエ等も寄ってきて衛生的によろしくありませんので、出来る対策はしておきたいですよね。

お酢もお水も簡単に入手できますし、キッチンペーパーがなければ新聞紙や不要な紙で代用可能です。

気温や湿度はどうにも出来ませんが、ちょっとした工夫で臭い対策をして夏場の不快指数を下げたいものですよね。

生活お役立ち
スポンサーリンク
スポンサーリンク
massanをフォローする
スポンサーリンク
まっさんず

コメント

タイトルとURLをコピーしました