令和を予言?言霊?名前?4月1日に起きた争奪戦から放送事故まとめ

生活

 

2019年 平成最後の4月1日に新元号「令和(れいわ)」が決定しましたね。

賛否両論あるようですが、比較的肯定的な意見が多いとのことです。

みなさんはいかがでしょうか?

 

さて今回は「令和」にまつわる色々な情報をまとめてみました。

真面目なお話は前回のブログに書きましたので、今回はビビる系や笑える系を書いていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

令和を予言した人がいた?!

 

 

この方は年号の頭文字が被らない事を想定し、明治(ま行)、大正(た行)、昭和(さ行)、平成(は行)が入らない、あ行、か行、な行、や行、ら行、わ行のどれかから選択されると推測しています。

そして凄いのは、手書き乱筆時の誤記入を避ける事まで考えて「ら行一択」と断言している所です。

 

読みが深いの一言では片付けられない、先見の明とでも言いますか…。

そしてさらにピンポイントに断言している方がこちら!

 

 

思わず「あんたに違和感ありまくりだわ!」と突っ込みたくなりますが(笑)

3年前にこうもハッキリと予言されてる事に驚きです。

偶然なのか?と思いますが、投稿時間を見るともっと驚きますよ。

1941  201941

 

スポンサーリンク

令和にこめられた言霊?

 

 

 

令和はチベット語で rewa(希望)という意味を持つそうで、なんとも嬉しい限りですね。

 

ことだま鑑定水蓮流家元の水蓮(すいれん) さんによりますと、令和の一文字一文字を言霊的に紐解くと

 

「れ」冷静に物事を観察分析し、改革し、華麗に活躍する

「い」命の源、新しいエネルギー

「わ」すべてを丸くおさめる

 

といった意味を含むそうです。

 

スポンサーリンク

名前が令和の人は大勢いますが…これはレア!

 

お兄さん   平成(ひろなり)

弟さん    令和(のりかず)

 

名前をつけたご両親がどんな人か氣になりますが、テレビ出演も決定したそうで忙しくなりそうですね。

笑ってる場合じゃないですよ~のりかずさん!

 

スポンサーリンク

令和発表と同時にサーバーダウン?!

 

 

これ何の画像かと言いますと、「お名前ドットコム」という会社のサイト画面です。

お名前ドットコムはドメインを販売している会社です。

ドメインとは?

私のブログを例にあげますと、

https://solith.tokyo/ ←これが私のブログのURL(ネット上の住所)ですが、

solith.tokyo/ ←黄色いアンダーラインを引いたこの部分がドメインになります。

 

ドメインは好きな文字列を選んで買う事ができますので、会社名等をつける方も多いです。

今回、改元されるにあたって「reiwa」のドメインを購入しようとした方が大勢おられたようで、令和発表時にアクセスしたらお名前.comさんのサイトは表示されない状態でした。

 

reiwa のドメインが必要な人がそんなに多いの?

会社名がreiwa ってそんなに沢山あるの?

 

という疑問がわくと思いますが、発表時に社名が「令和」という会社はゼロだったそうです。

その後に社名変更した会社はあるそうですが。

 

reiwaドメインが必要な人って誰?

 

こちらはヤフオクの画面です。

そうです、転売目的でドメインを取得しようとした方々が一斉にアクセスしたのですね。

そういう私もそのうちの一人ですが(笑)

 

過去に平成ドメインは数千万円で取引された例もあるという情報を聞き、ちょうど休みだったので「これはチャンス!」とパソコンの前で待機し、令和発表と同時にお名前.comにアクセスしたのですが…最初の写真の有様です(ノД`)

 

他にもドメイン販売しているサイトはあるのでアクセスしてみたのですが、どこも売り切れかアクセス不能のどちらかでした。

その中で1件だけアクセスが出来て「reiwa」ドメイン取得可能なサイトがあり、興奮を抑えつつ画面をよく見ると…

reiwa.moe (れいわドット萌え)    Orz

 

スポンサーリンク

令和に関する放送事故画像まとめ

 

 

 

笑った後は凄いので締めたいと思います。

 

 

初めて知ったのですがアンビグラムというアートだそうで、平成を逆さまにすると令和になるんです!

このアートを作成したのは画家、アンビグラムアーティスト作家として活躍されている

「野村一晟(のむら いっせい)」さんと言う方です。

 

しかも野村一晟さん、この作品をわずか一時間で作成してネットに投稿したとの事。

世の中には凄い方がいるもんですね・・・。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

子どもの頃は「明治、大正、昭和と3時代を生きている人は凄いな~」等と思っていましたが、気がついたら自分も「昭和、平成、令和」と3時代にまたがってました(笑)

 

空を飛ぶバイクが開発されたニュースなどもある2019年令和元年ですが、どんな一年になるのでしょうか。

楽しみながら見守って生きたいですね。

最後に令和のお役立ち豆知識を書いておきます。

令和のお役立ち豆知識

 

令和を018(れいわ)と覚えておきます。

和暦の年数に018(れいわ)を足すと西暦になります。

例:(和暦)令和2年→2+18=20→(西暦)2020年

 

生活お役立ち
スポンサーリンク
スポンサーリンク
massanをフォローする
スポンサーリンク
まっさんず

コメント

タイトルとURLをコピーしました