盧佳那(ろかな)は韓国人?身長や出身地のwikiプロフィール!性格は・・・

エンタメ

超毒舌キャラで知られるヴァイオリニスト、高嶋ちさ子さんが2006年に立ち上げた「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」に在籍している美女、盧 佳那(ろかな)さん。

その活動の場はヴァイオリン演奏だけにとどまらず、恵まれたルックスを活かしてモデルとしても活躍中です。

 

モデルとして活躍するには見た目の美しさに加えスタイルの良さも必要だと思いますが、身長はどのくらいあるのでしょうか?

そして「」という姓はなかなか珍しいと思いませんか?

イメージ的には韓国や中国の出身のような気がしますが、実際はどうなのでしょう。

 

ということで盧 佳那さんの出身地や身長等をwiki風にプロフィールをまとめてみました。

さらにSNSから垣間見える意外(?)な性格や素顔も判明しましたので、どうぞお楽しみに!

出典:Twitter

スポンサーリンク

盧 佳那のwiki風プロフィール

出典:Chisako Takashima simba 

 

名前          盧 佳那(ろ かな)

生年月日        1994年9月24日

出身地         ニューヨーク

身長          170cm

出身高校        桐朋女子高等学校音楽科

出身大学        桐朋学園大学音楽学部

好きなもの       旅行、猫

 

盧 佳那さんは韓国や中国ではなく、まさかのニューヨーク出身でしたね。

思いっ切り意表を突かれました。

 

身長は170cmということですから、モデルとしての活躍にも納得です。

ドレスを着てヴァイオリン演奏をする時も、身長が高いと見栄えがしますよね。

 

出典:Chisako Takashima simba 

奥の列、一番右に立っているのが盧 佳那さんです。

ヴァイオリンを携えたドレス姿が様になってますよね。

 

高校は桐朋女子高等学校音楽科、大学は桐朋学園大学音楽学部と、音楽の専門性が高い高校と大学に進学しました。

ということは、青春時代はヴァイオリン一色の毎日だったのでしょうか?

それともルックスの良さを武器に、モテモテの毎日で自由に青春を謳歌していたのでしょうか?

 

盧 佳那さんの、これまでの経歴を見てみましょう。

 

ヴァイオリニスト盧 佳那の経歴

 

1994年にニューヨークで生まれ、6歳の時にヴァイオリンを習い始めます。

 

2010年  鎌倉学生コンクール第2位
2011年  日本演奏家コンクール全国大会入賞、日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞
2013年  河口湖ヴァイオリンセミナー優秀者選出、ハーフリサイタル出演
2015年  ウィーンマスタークラスに参加、Pavel Vernikov氏に師事
2015年  高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト参加 

 

なんとも輝かしい経歴ですが、これまでに伊草まり子氏、窪田茂夫氏、漆原朝子氏、徳永二男氏といった方々に師事しています。

2015年に師事したPavel Vernikov(パベル・ヴェルニコフ)氏はウクライナのバイオリニストで、ミュンヘン国際コンクールの優勝者という凄い方です。

 

ちなみに盧 佳那さんの好きな作曲家は、ベルギー出身のイザイだそうです。

最近ではソロでの活動にも力を入れていて、2019年の7月にもリサイタルを成功させました。

 

 

この経歴を見ると、青春時代に遊び回っている暇は全然なさそうですね(汗)

数々の賞を受賞していることを見ても、音楽に真摯に向き合って来たことが分かります。

盧 佳那は世間知らずのお嬢様?

 

ニューヨーク出身でこれだけの経歴を持っていて、音楽専門高校、大学と進学していると、「いいトコのお嬢様でヴァイオリン意外の苦労も知らない世間知らずなのでは?」等と勘ぐってしまいますよね。

 

そう思ったのは私だけではなくご両親も同じだったようで、盧 佳那さんのヴァイオリン一色の人生を心配し、「社会経験を積みなさい」と進言したそうです。

 

すると盧 佳那さんは焼肉屋さんでアルバイトを始めます。

が、石焼ピビンパが重くて持てなかったそうで・・・アルバイトは一ヶ月で終了したそうです(汗)

 

焼肉屋さんはハードですから、もっと体力的に負担の少ないアルバイトを選んでいたら続いたかも知れませんね。

スポンサーリンク

盧 佳那の気になる素顔をTwitterで見つけた!

 

 

大好きな猫と盧 佳那さんとのInstagramショットです。

 

美人でモデルでヴァイオリンが上手で…と非の打ち所が無いような気がしますが、盧 佳那さんの素顔はどうなのでしょう?

あの高嶋ちさ子さんと一緒に活動し続けるのは、相当強いメンタルの持ち主でないと中々大変だと思うのですが(汗)

 

SNSの投稿から垣間見える、盧 佳那さんの素顔や性格を見てみましょう。

 

 

思考回路が心配なTweetですが(笑)、この一発目だけで何となく盧 佳那さんが分かった気がしますよね。

 

 

思考回路のみならず、スイーツを楽しめない感性も素敵です。

やはり音楽に携わる方は感性、感受性が豊かなのでしょうね。

 

 

感性が豊かですから、クレンジング洗顔で歯を磨くのは当然のことです。

猫が可愛いんだから、クレンジングで歯磨きしたっていいのです。

歯磨きで洗顔したっていいのです(←いいわけない)

 

 

 

この高島ちさこさんのTweetに対し、

 

と堂々と言える盧 佳那さん。

どうなることかとヒヤヒヤしながら高島ちさ子さんの返信を見ると…

 

 

あっさり解決(笑)

盧 佳那さんはメンタルが人並み外れて強いのでしょうか?

それともド天然で、相手が誰でも全く気にしないのでしょうか?

 

クレンジングの件もありますし、たぶん後者ですよね(笑)

 

 

iPhoneXか8、どっちにするかで悩んでたらショップが閉店して、機種変しに行ったのに出来ずじまいという可愛い一面も、これまでの経緯を見ると想像に易しいですよね。

 

 

日を改めて無事に機種変出来たはいいものの、挙句の果てにLINEの引き継ぎに失敗するというオチまでついてます。

Tweet見てるだけで面白い方ですよね。

 

 

天然でもドジでも前向きなのは素晴らしいです!!

髪の毛はいずれ伸びますし(笑)

 

 

高島ちさ子さんとの関係は良好なようで、とりあえず安心しましたね。

でも天然説は根強く…

 

 

ハンドブレーキ(サイドブレーキ)と教官の膝を間違うとか(笑)

技能ではなく、教官の気持ち的には免許取れそうですけど。

 

 

高嶋ちさ子さんとの関係はりょうk…

 

 

熱海でヴァイオリニストが組体操して顎をぶつける?

自由な休日を謳歌してらっしゃるようで何よりです。

 

盧 佳那さんの性格はよく分かったと思いますので、もうコレ以上の説明は不要ですね(笑)

 

 

 

ファンからのこのTweetに対し、

 

 

と返信されていることから、盧 佳那さんはニューヨーク出身の韓国系クォーターということが分かりましたね。

確かに、顔立ちを見ると韓国系の雰囲気が漂っている気がします。

ご両親のどちらかが韓国系のハーフなのですね。

 

スポンサーリンク

ヴァイオリニスト兼モデルの盧 佳那まとめ

出典:JAPAN POPULAR CLASSICS ORCHESTRA 

 

  • ニューヨーク出身の韓国系クォーター
  • 6歳でヴァイオリンを始める
  • 猫と旅行とイザイが大好き
  • アルバイト経験あり
  • かなりの天然

本人が見たら怒られそうなまとめですが、個人的には大ファンです(笑)

 

ちなみに「盧」という性ですが、日本全国でも490人位しかいないようですね。

およその内訳は

東京都   160人
神奈川県  110人
兵庫県   50人
大阪府   30人
埼玉県   20人
千葉県   20人
茨城県   20人
群馬県   10人
石川県   10人
長野県   10人
岐阜県   10人
静岡県   10人
滋賀県   10人
京都府   10人
島根県   10人
山口県   10人
沖縄県   10人

となっていて、東京や神奈川に集中している感じですね。

盧 佳那さんの、これからのさらなる活躍を応援したいと思います。

 

そして盧 佳那さんを遥かに超える天然の後輩、岩本梨々愛さんについてはこちらをどうぞ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました