流星群2019星空のプロが厳選した東北地方のおすすめスポット5選!

生活

東北地方と言えば豊かな自然に恵まれていますから、どこに行っても満天の星空に出会えるようなイメージがありますよね。

実際にその通りではあるのですが、実は意外と光害の影響を受けている所が多かったりします

 

星空のプロは厳しいですから、ネットやガイドブックでオススメになっているスポットも、もしかしたらこの記事には載っていないかも知れません。

そちらにお住まいの方には申し訳ありませんが、ご了承下さいませ。

 

という事でこの記事では、光害マップを参考にした暗くて黒いベストスポットをご紹介していきます。

「光害マップ」「暗くて黒い」の意味が分からなくて気持ち悪い方は、先に以下をお読みくださることを推奨します。

 

 

「光害マップ」や「暗くて黒い」の意味などはどうでも良い!早くおすすめスポットを教えてくれ!という方は、このまま読み進めて下さいね。

 

スポンサーリンク

2019年東北地方の流星群おすすめスポット5選

 

 

一番上の青森県から時計周りに、岩手県、宮城県、福島県、山形県、秋田県となっている東北地方ですが、光害マップで見ると以下のようになります。

 

出典:light pollution map

 

この画像をご存知無い方のために、一言だけ簡単な解説をしますね。

これは日本語で「光害マップ」と言いまして人工的な光、すなわち街灯等の人工光の明るさを表した画像です。

光の色の意味は、以下の画像を御覧ください。

 

 

つまり、黒が一番暗い場所で赤に近付くに連れて明るくなっていくという事になり、赤ければ赤いほど流星群や星を見るのには適していないという事になります。

 

それを知ってから画像を見ると、人口密度が高いエリアは赤くなっているのが良く分かりますよね。

そうかと思えば福島より下は、東京近隣の大都市圏の光害をモロに受けている事にも気が付きます。

 

以上を踏まえた上で、早速おすすめスポットの紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

東北地方の流星群おすすめスポット 恐山

出典:星空に寄せる歌

 

言わずと知れた日本3大霊場の1つ恐山(おそれざん)は、青森県むつ市にあります。

 

一般的に恐山と呼ばれていますが、釜臥山、大尽山、小尽山、北国山、屏風山、剣の山、地蔵山、鶏頭山という八峰からなり、恐山という名前の山はありません

 

八峰の中でも釜臥山(かまふせやま)が一番高く標高879mもありますので、空気が澄んでいて星空との距離が近く感じるでしょう。

より沢山の流星に出会えると思いますよ。

恐山へのアクセス

 

 

むつ市から国道4号線経由で20分

 

流星群情報とは関係ありませんが、もしも入山する場合は期間と入山料をチェックしてから出掛けて下さいね。

 

5月 1日 から 10月中旬 6:00 ~ 18:00
10月中旬 から 10月31日 6:00 ~ 17:00
入山料 500円

 

スポンサーリンク

東北地方の流星群おすすめスポット 発荷峠展望台

出典:あきたファン・ドッと・コム

 

秋田県鹿角郡にある発荷峠展望台(はっかとうげてんぼうだい)は、十和田湖を見下ろす場所にある展望台で標高631m湖面からの高さは約250mという、とても眺めの良い場所にあります。

無料の駐車場が50台分トイレもありますので安心ですね。

実は十和田湖を眼下に見下ろす展望台の中で、一番眺めが良いとされているのが発荷峠展望台です。

 

って、また昼間の観光的な話になってしまっているので、YouTubeの動画で誤魔化そうと思います(笑)

 

 

こちらは残念ながら発荷峠展望台からではなく、十和田湖御鼻部山展望台からの撮影動画となります。

とは言え物凄い美しさに圧倒されますので、展望台がドコだろうと気にならなくなりますよね。

 

「あ~十和田湖では、こんなに美しい星空が見られるんだ」

という事をご理解して頂き、流星群が極大の日に向けてイメージを膨らませておきましょう。

地図は以下に載せておきます。

発荷峠展望台へのアクセス

 

東北自動車道小坂ICから
県道2号(十和田大館樹海ライン)を19km
約30分程度です

 

スポンサーリンク

東北地方の流星群おすすめスポット 釣瓶落峠

出典:あきた白神・たびネット

 

雪と紅葉と緑のコントラストも素晴らしく、それに加えてなかなか険しい山々ですよね(汗)

ここは秋田と青森の県境、秋田県山本郡藤里町にある釣瓶落峠(つるべおとしとうげ)です。

 

その昔は鎖などを使って、ご覧のような急な崖を200mも上り下りしなければならなかったそうです。

その様子が井戸の「釣瓶落とし」に似ていることから、釣瓶落峠と名付けられたのだそうです。

ちなみに笑福亭鶴瓶さんとは無関係です。

 

今では標高710mの所に釣瓶トンネルが完成したので交通の便も良くなりましたし、バイオトイレもありますので流星群鑑賞には持って来いと言えるでしょう。

釣瓶落峠へのアクセス

藤里町役場から
県道317号線を青森県西目屋村に27㎞
約40分程度です
スポンサーリンク

東北地方の流星群おすすめスポット 袖山高原

 

出典:くずまき高原牧場

 

何とも落ち着く眺めが広がっていますが、ここは岩手県葛巻市にある袖山(そでやま)高原というところで、標高1150mもあります。

かつては日本のチベットと呼ばれていたことからも分かる通り、豊かな自然に恵まれている場所です。

 

光害マップを見ても分かる通り人工光の影響がとても少ないので、流星群を見に行くには意外な穴場だと思います。

出典:Instagram

 

袖山高原へのアクセス

 

久慈市から
281号線で約40分
八戸市から
九戸I.C→340号線・281号線
約60分
盛岡市から
4号線を北上→岩手町から281号線
約100分

 

駐車場は無料ですし立派なトイレもありますので、星空のプロもオススメしていました。

ただ、タイミングによっては漁船の漁火が気になる時もあるかも知れませんので、頭の片隅に入れておいて下さいね。

 

スポンサーリンク

浄土平駐車場

 

出典:こらんしょふくしま

 

福島県福島市標高1575mにある浄土平(じょうどだいら)駐車場は、昼間は有料ですが夜間は無料になります。

さらに嬉しいことに、バリアフリーのトイレもあります。

 

四方を山に囲まれているので光害の影響が少なく、夜間でもマイカーで出入り可能という最高の条件が整っている場所で、天体観測ファンの間では有名な場所です。

 

とは言え、辛口で知られる星空プロは「有名な割には思ったほど暗くない」と言っておりました。。。

あまりにも有名過ぎると期待値が大きくなってしまいがちですから、仕方ないと言えば仕方ないですが(汗)

 

浄土平駐車場へのアクセス

 

 

東北道(下り)福島西ICを左折
約60分程度です

 

ただ残念な事に、こちらのエリアは吾妻山の噴火警戒レベルが2になっており、2019年6月現在では立ち入りが規制されています。

お出かけの際には詳細を確認してからの方が無難ですので、浄土平と吾妻山のTwitterを貼り付けておきますね。

スポンサーリンク

まとめ

・東北地方も光害の影響が大きい場所が多い

・標高の高い場所は鉄板

・夜間の寒さや残雪には注意

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました