しぶんぎ座流星群2020方角やピーク時間&場所のおすすめ!四分儀って何?

シーズンイベント

毎年の年末から新年にかけて活動を見せるしぶんぎ座流星群は、ペルセウス座流星群、ふたご座流星群と並んで3大流星群と呼ばれています。

一般的な出現時期は12月28日~1月12日頃と言われていて極大日は1月4日頃になる事が多いですが、しぶんぎ座流星群の活動にはムラが多く、ピークの時間が短いことでも知られています。

 

さて2019年から2020年、令和元年~令和二年のしぶんぎ座流星群の極大日やピークの時間はどうなっているのでしょうか。

さらにどこの方角を見ていれば流星を沢山見られるのか?どんな場所に行けば流星を見つけやすいのか?についても詳しくお伝えします。

 

ここまで書いておきながら今さら感ありまくりですが、「しぶんぎ座」ってどんな星座なのでしょうね?

学校で習った記憶はありませんし、漢字では「四分儀座」と書くのですが何の事やら(笑)

 

という訳で、最後の方では「しぶんぎ(四分儀)座とは?」についても解説してありますので、お正月で集まった家族や親戚の前でドヤ顔しながら流星群を観測するのも良いかも知れませんよ。

 

スポンサーリンク

2020年しぶんぎ座座流星群を見る時の方角は?

2020年のしぶんぎ座流星群を見る際、実は方角はそれほど重要ではありません

これはしぶんぎ座に限らず流星群全般に言えることなのですが、流星はあらゆる方向から飛んできます。

 

ですから空全体を見渡せるような環境で、ぼーーっと眺めていると流星を見つけやすいですよ。

とは言えずっと上を見続けると首が痛くなりますから、出来れば暖かくして寝っ転がって空を見ているのが理想的ですね。

 

「それだと不安だから、何か目安だけでも…」

という方は、輻射点(放射点)を探してみましょう。

輻射点(放射点)とは?

厳密に言うと少し違うのですが、輻射点(放射点)を簡単に言うと流星が飛び出してくるポイントになります。

理論上では位置が高ければ高いほど流星の出現時間が長くなりますし、地平線や水平線より下の場合は流星が飛び出して来るように見えるということになりますよね。

 

輻射点(放射点)についての詳しい説明は以下の記事に書いてありますので、よろしければご覧になって下さいね。

 

でもそれよりも、今は2020年のしぶんぎ座流星群の輻射点(放射点)を知りたいですよね?

参考記事は後回しにして、次に行きましょう!(笑)

2020年のしぶんぎ座流星群の輻射点(放射点)はどこ?

出典:つるちゃんのプラネタリウム

 

上の画像は2020年しぶんぎ座流星群のピーク時を予測した東京の空で、黄色い線は流星群のイメージです。

中央に見える緑のポイントが輻射点(放射点)ですので、東京の場合は北東の空という事になりますね。

 

画像で見ると、うしかい座とりゅう座の間に輻射点(放射点)がありますよね。

ですが夜空に星座線は書いてないので、見つけるのは難しいかも知れません。

 

しぶんぎ座流星群の輻射点(放射点)の探し方

 

  1. 有名な北斗七星を含むおおぐま座を探します。
  2. 北斗七星は柄杓(ひしゃく)の形をしるので柄杓の柄の先端の延長を見ます。
  3. すると一際明るいオレンジがかった星、アークトゥルスが見つかります。

 

アークトゥルスはネクタイのような形をした「うしかい座」にある星です。

その反対側に北極星(ポラリス)を持つ「こぐま座」がありますので、その中間あたりが「しぶんぎ座流星群の輻射点(放射点)」となります。

 

「北東の空に輻射点(放射点)があるのは分かったけど、何日の何時頃に見ればいいの?」

という事で、次はしぶんぎ座流星群の極大日やピーク時間について解説して行きます。

 

スポンサーリンク

2020年のしぶんぎ座流星群のピークは何時頃?

2020年のしぶんぎ座流星群が極大になるのは1月4日と予測されています。

 

極大日の月齢は9ということで、月明かりの影響は少なくて条件的には悪くありません。

ですがピークの時間が夕方17時~18時ということなので、そこは残念なポイントですね。

 

とは言え極大日やピーク時間でなければ流星が見えないという訳ではありませんので、1月4日前後の空が暗い時間に探してみましょう。

多少のズレはあると思いますが、個人的なオススメとしては2020年1月5日の4時前後を目安にして下さいね。

お正月休みで楽しんでる方も多いと思いすが、早朝はかなり寒いので防寒対策はしっかりお願いします。

 

流星群を見るときは極大時間も天候も大事ですが、場所選びも重要なポイントです。

場所の選び方についての詳しい解説は、以下を御覧ください。

 

「そんなん見てる暇ないから早くおすすめを教えて~」という方は、このまま読み進めて下さいね。

 

スポンサーリンク

2020年しぶんぎ座流星群おすすめ場所一覧

 

流星群観測の条件として、

  • 人工的な明かりから遠い
  • 標高が高い
  • 空気が澄んでいる

のが理想的ではありますが、そんな場所は中々見つかりませんよね?

 

ということで、地方別の流星群観測オススメ場所をまとめました。

星空関連で仕事をしているプロから教えてもらった場所を厳選しているので、かなりガチですがアクセスしやすい場所だけをピックアップしてあります。

冬の星空の美しさは格別ですから、ベストスポットを見つけて一年で最初の流星群を楽しみましょう!

 

しぶんぎ座流星群~北海道のおすすめ場所

 

 

しぶんぎ座流星群~東北地方のおすすめ場所

 

 

しぶんぎ座流星群~関東地方のおすすめ場所

 

 

しぶんぎ座流星群~中部地方のおすすめ場所

 

 

しぶんぎ座流星群~近畿地方のおすすめ場所

 

 

しぶんぎ座流星群~中国・四国地方のおすすめ場所

 

 

しぶんぎ座流星群~九州・沖縄地方のおすすめ場所

 

 

スポンサーリンク

そもそも四分儀って何?

出典:☆TOKAI KIDS☆の日本全国 旅日記 (平成編)

 

上の画像が四分儀です。

と言われても「何に使うんじゃい!」って思いますよね。

 

四分儀は航海や天体観測などに使われた測量機器で、別名を象限儀(しょうげんぎ)とも言います。

形が円の4分の1だから四分儀なので、当然ながら六分儀や八分儀もあります。

 

その四分儀の形をしていることから、1795年にフランスの天文学者のジェローム・ラランド「しぶんぎ座」を設定しました。

 

以下の画像の猟犬を連れて棍棒を持っているのが、アークトゥルスを有する「うしかい座」です。

その頭上に四分儀が表示してあるのが見えるでしょうか。

出典:心を込めた贈り物流れ星

 

ところが1922年に国際天文学連合が88の星座を選定した時に外されてしまい、しぶんぎ座は無くなってしまいます。

以下の画像は最近の星座図ですが、表示されていないですよね。

 

出典:心を込めた贈り物流れ星

 

3大流星群なのに星座そのものが無いのは可哀想な気もしますが、不遇な扱いを受けているのはそれだけじゃあ無いんです。

しぶんぎ座流星群は違う名前だった?

 

しぶんぎ座流星群の輻射点をご紹介しましたが、現在は「りゅう座」の一部になっています。

その為に以前は「りゅう座 ι (イオタ)流星群」と呼ばれていた時期もありました。

 

ですが、

  • りゅう座を輻射点に持つ流星群が他にもある
  • 以前はしぶんぎ座だった

を主な理由として、2009年の国際天文学連合(IAU)で「しぶんぎ座流星群」が和名の正式名称と確定されたのです。

色々ありましたが、最後にはしぶんぎ座という名前が残って良かったですよね(T_T)

 

スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群2020年のまとめ

  • 極大日は1月4日
  • ピーク時間は17時~18時
  • 輻射点は北東(東京)
  • 2020年1月5日の4時前後が狙い目!

一年の初めを飾る3大流星群の一つ、しぶんぎ座流星群。

年末年始の慌ただしさもあると思いますが、防寒対策をしっかりして冬の美しい夜空を見上げて一年を始めるのも素敵ですよね。

 

流星の出現を待つ間に「しぶんぎ座ってね…」なんてウンチクを語ると株が上がるかも知れませんよ。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました