鈴木 彩艶(ざいおん)U-20日本代表GKの経歴や出身は?Mr飛級のwiki

スポーツ

出典:Twitter

 

2019年5月23日~6月15日に開催される20歳以下のワールドカップ、U20 ポーランド大会の日本代表メンバーに選出された鈴木彩艶(すずき ざいおん)選手。

 

w主力候補確定との呼び声が高かったサンフレッチェ広島のGK大迫敬介選手、ガンバ大阪のGK谷晃生選手らが選出されない中、サプライズとも言える選出にも本人は

「FIFA U-20ワールドカップポーランド2019に出場するU-20日本代表に選出いただき、大変光栄に思います。これまで自分の成長を支え、関わっていただいたみなさんに感謝いたします。そして、積み重ねてきた技術や身体、精神面など、今の自分にできることをしっかりと発揮し、どんな立場であってもチームの勝利に貢献できるよう全力を尽くします。応援、よろしくお願いします」

と、若々しさよりも謙虚さの方が上回っているようにも見えますよね。

飛び級でのサプライズ招集には慣れっこなのでしょう。

 

そんな謙虚な鈴木彩艶選手の、これまでの経歴は?

鈴木彩艶選手の出身や、艶やかな名前に意味についても調べてみました。

最初に言うのも何ですが、いやはや…脱帽の内容ですよ。

 

スポンサーリンク

鈴木彩艶選手のプロフィール

出典:Instagram

 

 

出身地          アメリカ産まれ埼玉育ち

生年月日         2002年08月21日

身長/体重        188cm/90kg

血液型          A型

スパイク         ナイキ ティエンポレジェンド7

ポジション        GK

背番号          21

 

 

鈴木彩艶(すずき ざいおん)という珍しい名前は、聖書に出てくる聖なる丘「Zion」が由来なのだそうです。

本人は彩艶(Zion)という名前をとても気に入っているそうです。

余談ですが、Zionってシオンとも読めますよね?信じるか信じないかはアナタ次第ですが(笑)

 

出生はアメリカ、育ったのは埼玉ということですが、ガーナ人の父と日本人の母の間に産まれたハーフなのだそうですよ。

しなやかで強い筋肉と長い手足は、父親のDNAのおかげかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

鈴木彩艶選手のサッカー選手としての経歴

鈴木彩艶選手がサッカーを始めたのは幼稚園からだそうで、小学生からずっとGK一筋です。

現在は浦和レッズユースに所属していますが、過去のクラブチームや小学校等の詳しい情報は分かり次第追記していきますね。

 

16年U-15日本代表 欧州遠征

17年U-15日本代表スリランカ遠征、イタリア遠征

17年U-16日本代表インターナショナルドリームカップ

17年U-17日本代表国際ユースin新潟、チェコ遠征、U-17W杯

18年U-17日本代表国際ユースin新潟、チェコ遠征

19年U-18Jリーグ選抜

19年U-17日本代表チリ遠征

 

鈴木彩艶選手が小学5年生の時、当時浦和レッズジュニアチームに属していたのですが、すでに1学年上の試合に出場していました。

 

赤字で書いてあるU-17国際ユースin新潟に招集された時点では、なんとまだ14歳ですよ!!

当時監督だった森山監督はその恵まれた体格を見て「将来性が豊か」と評し、GKの3枠に入れたのだそうです。

今回のサプライズ招集と近いものがありますよね。

 

それにしても14歳と17歳の3歳差は、25歳と28歳の3歳差よりも力量の差が大きく感じるものです。

それでも鈴木彩艶選手はその大会ではPKでの1失点に留め、優勝に大きく貢献したのだそうです。

 

今回のU-20への招集も、鈴木彩艶選手は17歳での参加です。

周囲が3歳上の環境でサッカーする事は彩艶選手にとって、もはや当然とも言えるのかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

鈴木彩艶選手が15歳の時にU-17に招集された時のインタビュー

出典:Twitter

 

15歳の時に周囲が17歳だらけの環境に飛び込んだら、普通は物怖じしますよね?

ですが幼い頃からそういう環境に慣れていると、当然ながら様々なスキルが身についていくものだと彩艶選手のインタビューから教えられます。

 

「自分は年下なんですけど、引いていたら練習とかでもやっていけないと思っていたので、自分からコミュニケーションとったりして、周りもいい雰囲気を作ってくれて、今はもう溶け込めています」

出典:フットボールチャンネル

 

若い頃からこういう環境に身を置くことによって、自分をアピールする術であったり周囲と調和しようとする姿勢などが育っていくのでしょうね。

嫉妬やイジメ等もゼロとは言えない環境で周囲と調和しつつ、かつ結果も出していくには人間性は欠かせないということですよね。

ん~耳が痛いです(笑)

 

 

Q.普段プレイしているジュニアユースとの違いについて

「遠征ごとにスピードがダンっと変わる中で、最初は本当に目もついていけないような感じだった」

「日々やっていく中で慣れていっている部分はある」

「まだまだ自分にはパワーが足りないので、際どいコースのシュートとかは取れていない」

「谷(晃生=ガンバ大阪ユース)選手や梅田(透吾=清水エスパルスユース)選手とは一つひとつの技術的なものもそうですし、パワーとかスピードとかが違う」

出典:フットボールチャンネル

 

ガーナ人の父親を持ち、あれだけの恵まれた身体を持ってしてもやはり2~3歳という年齢差によるレベルの違いは大きかったようですね。

そんな中でも自分を見つめて冷静に分析し、他の選手と違う部分や自分に必要な部分を明確にしているあたりは流石です。

しつこいですけど15歳の意見です(汗)

 

「そこはこれからつけていければなと思っているんですけど、自分の武器である取った後のカウンターとかでは負けたくはない」

出典:フットボールチャンネル

 

  • 自己分析して足りない所があっても自己否定せず、埋める努力を怠らない
  • 周囲との調和を大切にする
  • 自分の持ち味を見失わない

 

鈴木彩艶選手のインタビュー結果をまとめるとこういう事になりますが、これって社会人である我々にも当てはまることですよね。

いやはや、見習わせていただきます(汗)

 

2019ワールドカップU-20ポーランド大会の日本代表全メンバーの詳細や試合日程、テレビ放送予定やスタジアム等の情報が知りたい方は↓↓↓をクリックして下さいね。

U-20ワールドカップポーランド2019日本代表メンバーと試合日程
※随時更新中です

 

スポンサーリンク

まとめ

 

U-20日本代表に選出された他の選手は、ほとんどがプロで活躍している選手です。

ですから皆さん、「年俸は?」とか「彼女は?」といった事が気になると思いますが、鈴木彩艶選手はまだ現役の高校生です。

正直言って「書くことがない~」と思っていましたが、結果的に彩艶選手からは学ぶ事が沢山ありましたね。

 

第一線で活躍するためには能力や努力はもちろんの事、人間性がとても重要であると思い知らされた気がします。

若いうちからレベルの高い環境に身を置き続ける事によって、いつかそれは爆発的に開花してくれることでしょう。

 

今回のポーランド大会で日本は、エクアドルやメキシコ、イタリアといった強豪とあたりますので、鈴木彩艶選手には出来るだけ多く出場してもらって、たくさんの経験をして欲しいと思います。

日本のサッカー界の将来がますます楽しみになってきましたね。

スポーツサッカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアして下さると嬉しいです
massanをフォローする
スポンサーリンク
まっさんず

コメント

タイトルとURLをコピーしました