win10英語キーボードを日本語入力に切替えるショートカットキー集

パソコン

今回はWindows10で英語配列キーボードを使っている方、またはこれから使ってみようかな?という方向けの内容になります。

 

日本語配列キーボードに慣れ親しんできた方にとって、英語配列に慣れるまでは変換する度にあたふたしてしまいますよね。

私も英語配列に変えてしばらくの間、文章打ちながら変換の度に検索してましたので、その気持ちはよく分かります(笑)

 

そして「英語配列キーボードに興味はあるけど日本語配列との違いは?」という事を知りたい方に向けて、ざっくりと解説してありますので参考になるかと思います。

 

とかもっともらしく前振りしてますが、単に私の失敗談と解決方法を備忘録として記した記事ですので、必要な方に届けば幸いです。

スポンサーリンク

英語配列キーボード変換ショートカット集

 

この状態ですとEnglishモードですので、「Win」を押しながら「スペース」を押して、日本語入力に切り替えます。

 

 

これが英語入力モードのタスクバーの表示です。

これを

にしたい場合、日本語配列キーボードの場合は「半角全角」キーを押せば変換されます。

 

ですが英語配列キーボードでは

    • タスクバーの「A」をクリック
    • Alt  と  を同時に押す
    • Shift と CapsLock を同時に押す

等の方法があります。

 

Shift と CapsLock キーを同時に押した後、CapsLock キーのみを押すとアルファベットの大文字と小文字が切り替えられるので地味に便利です。

 

ややこしくなってきたので表にまとめておきます。

 

半角英数 → 全角ひらがな(逆も)タスクバーの「A」クリック
半角英数 → 全角ひらがな(逆も)Alt~
半角英数 → 全角ひらがな(逆も)ShiftCapsLock
半角英数 → 全角ひらがな → 全角カタカナAltCapsLock
半角英数 → 全角ひらがな CtrlCapsLock
全角カタカナ → 全角ひらがなCtrl + CapsLock
ローマ字入力 → かな入力(逆も)CtrlShiftCapsLock

 

スポンサーリンク

英語キーボードって?日本語キーボードと何か違うの?

 

 

画像が英語(US)キーボードになります。

私の私物ですので写真が暗くて済みません(汗)

 

とか言われても、パッと見て「英語?私のキーボードと何が違うの?」って思いますし、見た目でもイマイチ分かりませんよね?

そこで、同じ型番で違いは英語か日本語かだけの2商品の画像を並べてみます。

 

↓英語配列キーボード(私の愛用モデルです)

 

 

↓私愛用モデルと機能は同じで、違いは英語配列か日本語配列かだけ

 

違い、分かりましたか?

と言っても考える人が少なそうなので、さっさと正解発表しますね(笑)

 

 

英語キーボードと日本語キーボードが大きく違うのは、白枠で囲ったあたりです。

 

 

ん?分かりにくい?

もう一度並べてみましょう。

 

英語キーボードと日本語キーボードの違いはコレ!

 

 

  • @ ( ) : ; [ ] キーの位置が違う
  • キーがない ※バックスラッシュ(Enterの上にある逆向きの/)を打つと出る
  • 「全角/半角」「無変換」「変換」「カタカナ ひらがな」 キーがない
  • スペース が長い
  • Enter の形が違う
  • 右側の Shift が長い

キーボードのメーカーによって違いはありますが、主な違いは以上になります。

 

「日本語キーボードの配列でキーの位置をバッチリ記憶していて自然に手が動いてしまう」という方は、慣れるまで時間がかかるかも知れませんね。

ですが私個人の感想としては、慣れるのにそれほど大変だとは感じませんでした。

そもそも日本語配列すらしっかり記憶出来ていなかっただけの話ですが(笑)

スポンサーリンク

日本語キーボードではなく英語キーボードを選択した理由

 

 

「その洗濯じゃねーよ!」という多数の突っ込み、ありがとうございます♪

 

日本語キーボードではなく英語(US)キーボードを選択した理由としては、

  • スペースキーが長いので変換が楽
  • BackSpace や Enter が大きくて押しやすい
  • あまり使わないキーが少なくて助かる
  • 見た目が良い

が主です。

 

使ってみるとよく分かると思いますが、英語キーボードの方がタイピングがとても楽です。

スペースキーやエンターキーが長いので、ホームポジションに置いた時に指がスムーズに動きます。

しかも見た目もかっこええです(笑)

 

ですが、メリットがあればデメリットもあるのが世の常。

英語キーボードを使い始めて間もない頃に往生したのが変換です。

 

「ん?『@』ってドコ押せばいいの?」

「『:』打ちたいんだけど…どこ?」

程度ならまだ良かったのですが、最近Windowsのアップデートが適用された頃から、いつものキーを押しても反応が違う現象を多数体験しました。

 

と言うことで、分かっているようで分かっていなかった「知ってたつもりな情報」を備忘録として書いておきます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

普段の作業って大体似たような事しかしませんから、自分が知らない操作方法なども沢山あると思います。

その度に検索して学習していくと思いますので、ぼちぼち追記していこうと思います。

ご存知の方で「教えてあげてもいいよ」という優しい方は教えて下さいね。

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました