湯浅麗歌子(ゆあさりかこ)寝技最強女子は美しい筋肉の秘訣も夢も想定外!?

スポーツ

身長155cm、体重48kgと小柄で可愛らしい見た目からは全く想像もつきませんが、湯浅麗歌子さんは日本を代表するブラジリアン柔術家です。
その成績は素晴らしく、2015年~2018年には世界柔術選手権(通称ムンジアル)で日本人初の4連覇、しかも2階級制覇という離れ業をやってのけたのは記憶に新しい所です。

 

2019年の世界柔術選手権は惜しくも準優勝でしたが、今までに獲得したタイトルは数知れず、寝技最強女子と呼ばれてるのも納得の28歳です。
個人的には霊長類最強女子とどっちが強いのか気になりますが(笑)

 

そんな湯浅麗歌子さんは、ご自身でTwitterやInstagramに挙げられている写真からも分かる通り、綺麗なシックスパックを持つ肉体美でも知られています。

湯浅麗歌子さんの肉体美を見れば、誰しもが「これだけの肉体美を維持するためには超ストイックな食生活をしていて、食べたいものも食べられない修行僧のような毎日を送っているのだろう…」と思うことでしょう。

 

さて、実際は何を食べているのでしょうか?
湯浅麗歌子さんの筋肉美の秘訣に迫ってみたいと思います。

そして寝技最強女子の趣味についても調査しました。
きっと見た目や経歴とのギャップに驚くこと請け合いです。

出典:Twitter

スポンサーリンク

湯浅麗歌子選手の筋肉美の秘訣とは?

 


サラダチキンやプロテインのオンパレードかと思いきや、まさかの「お菓子ラッシュ」です(笑)

他にも本当に沢山あったのですが、キリが無いので比較的最近のものをチョイスしてあります。

 

湯浅麗歌子さんはお菓子が大好きで、中でもあんこに目がないようですね。

「練習が終わったら大好きなあんこが食べられる!」と思えば、厳しい練習にも耐えられるのかも知れません。

 

栄養面も考えてハッピーターンの塩分も摂取し始めところは流石です。
そして有名高級ブランドではなく、トップバリューのマシュマロを推している所も流石です。
手持ち羊羹というオシャンティーなスタイルを確立されている所も流石です。
ツッコミは受け付けておりませんので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

あのイチローさんや宇野昌磨さんは野菜嫌いで有名でしたし、内村航平さんも野菜嫌いでチョコばかり食べていたといいます。
こんな話を聞いていると「嫌いな物を無理して食べて真面目に努力する意味」なんてあるのかな?と思ってしまいますよね(笑)

 

湯浅麗歌子さんの筋肉美の秘訣は「好きなものを頂く」だったんですね。
もちろん試合までの厳密なスケジューリングやカロリー制限ありきの話ですが、ストイックな面も食べたいものを食べる喜びも重視するからこそ、トレーニングや試合へのモチベーションが保たれるのでしょうね。

 

では続いて、湯浅麗歌子(寝技最強女子)の趣味とは?を見ていきましょう!

スポンサーリンク

湯浅麗歌子選手(寝技最強女子)の趣味とは?

 

ハッシュタグを見ずに、このTwitter画像だけを見て湯浅麗歌子さんの趣味が分かった方は凄いです。
と言うか、私が知らなさ過ぎかも知れませんが(笑)

 

私と同じようにピンと来なかった方向けに、もう少し行ってみましょう。

 

 

う、浮世絵?!

 

 

ん?この見た目は…

 

何と、湯浅麗歌子さんの趣味は初音ミクだったのですね。

 

きっと試合中の脳内でも再生されていることでしょう。

そんな湯浅麗歌子さんにはもう一つ、生活に密着したライフワークでもあり趣味と言えるものがあります。
その内容を知ると、「湯浅麗歌子さんの女子力ハンパねー!」と叫びたくなるに違いありません。

 

「大迫半端ないって」の中西隆裕さん調でもいいですし、トータルテンボス調に「ハンパねぇ」もアリですので、お好きな方を準備したら次に進んで下さい。

スポンサーリンク

湯浅麗歌子選手(寝技最強女子)の趣味とは? その2

 

卵とチャーシューが出来合いで、カエシとスープが自家製?!

「普通逆でしょー!!」とツッコミたいのは山々なのですが、 悩んでいる内容がカエシとスープの割合という辺り、本職のラーメン屋さんと同じです(笑)

そして本職でも卵やチャーシューを外注している店もありますから、湯浅麗歌子さんの夢はラーメン屋なのか?と思ってしまいますが、どうなんでしょう?

 

 

朝練で疲れた後に作ったのになかなかのクオリティだと思うのですが、湯浅麗歌子さんは「ゆるキャラでなくゆるゆるキャラ(笑)」と、厳しい採点ですね。

そんな日常の一コマからも「やっぱ何回もつくらないとダメだ。柔術と一緒!反復あるのみ!」という学びを得る辺り、本当にハンパねーって思います。

 

ところで夢はラーメン屋さんじゃなくて、まさかのパン屋さん?!

 

 

やっぱりパン屋さんを目指しているのでしょうか?

 

 

パンから紅白かまぼこの飾り切り?!
クオリティ高すぎませんか?

 

このクオリティを1人で手作り?!

しかもお重は100均?!←

 

数の子は子沢山のゲン担ぎなので、たらこでも似たようなものでしょう(笑)
そして昆布巻きは「よろこんぶ」なので、豚巻きは「ありがとん」という事で結果オーライです。

いやはや、美味しそうですね。

和菓子も手作りしちゃうなんて、女子力の高さというよりプロの領域に入ってる気がします。

 

大好きな初音ミクと和菓子のコラボも凄いのですが、お店で売っているアレも手作りしちゃってます。


まるごとバナナを家で作れることにも驚きですが、そもそも家で作ろうと思うことにも驚きますよね。

でもここまで湯浅麗歌子さんのTwitterを見てくると、そこに違和感を感じなくなっているのが正直な気持ちです(笑)

 

練習で大変な毎日だと思うのですが、何故こんなに料理が上手なのでしょう?
そこには柔術との意外な関連がありました。

スポンサーリンク

湯浅麗歌子選手が料理好きになった理由とは?

出典:THG

 

プロ並に料理上手な湯浅麗歌子さんですが、料理を始めたのは比較的最近だったようです。

きっかけは2015年の世界柔術選手権の後、お金が底を尽きてしまって知人の紹介で居酒屋でアルバイトをすることになったそうです。

以前の湯浅麗歌子さんは人と話すのが大の苦手でホールでの接客ではなく皿洗いを希望していたのに、居酒屋の店長が「ウチにチャンピオンがいるんですよ~」とお客さんの前で得意げに言うのだそう(笑)

そこで色んなお客さんと接するうちに、対人コミュニケーション能力のコツをつかんで会話上手になったのだそうです。

 

湯浅麗歌子選手の師匠は居酒屋の店長?

湯浅麗歌子さんのコミュ障を解消してくれた居酒屋の店長さんはとても料理上手で、和洋中なんでも作れる方だったそうです。

そんな料理上手な店長は、まかない(スタッフが食べる食事)を作った際に「これ、何の食材使ってると思う?」と質問してくるので、湯浅麗歌子さんはそれを当てっこするのがとても楽しかったと語っていました。

次第に湯浅麗歌子さんのレシピを居酒屋のメニューに加えるようになったりしたそうですが、料理の楽しさを教えてくれた、いわば料理の師匠は居酒屋の店長さんだったのですね。

柔術と料理の共通点とは?

柔術も料理も楽しみながらどストイックに取り組んいる湯浅麗歌子選手ですが、クックパッドをわざわざ匿名でされている所が興味深いと思います。

 

・匿名でクックパッドをしている理由について

「柔術チャンピオンの湯浅麗歌子としてフォローされても全然うれしくないんです。料理は料理で勝負したいわけで。」
                                                                   出典:THG

と、とことんストイックです。

 

・柔術と料理の共通点について

「先を読む」っていうのはありますよね。最後から逆算しています。料理はどういった準備が必要で、どの時間から始めればよいのかなど段取りです。柔術もチャンピオンになるために、逆算して何をやればよいのかを考えてきましたから。似ているといえば似てるかも(笑)

出典:THG

世の中の成功者がよく言う「まずはゴール設定が大事」という事ですよね。

チャンピオンになるためには、いついつまでに体重をどのくらい落とす必要があって、そのためには今何をすべきか?と逆算していけば必然的にゴールへに近くなっていく訳です。

料理に関しても、華やかなプロの調理作業であっても「段取り8割」と言われますから、事前準備の方が重要と言うことでしょう。

 

最後になりましたが、湯浅麗歌子選手のプロフィールと夢を見てみましょう!

スポンサーリンク

湯浅麗歌子選手のプロフィールと夢

出典: RikakoYuasa OfficialWebSite.

 

名前:湯浅 麗歌子(ゆあさ りかこ )

職業:柔術家・インストラクター(柔術黒帯、柔道黒帯)

身長:154cm

体重:48kg

生年月日:1991年4月12日

学歴:筑波大学附属坂戸高等学校(工学システム・情報科学科目群)

趣味:料理

好きなもの:初音ミク、あんこ

出典: RikakoYuasa OfficialWebSite.

料理や柔術に対する思考を見ると、理系出身というのがよく分かりますよね。

そんなリケジョで料理上手で寝技最強女子の湯浅麗歌子さんは、現役を引退したら寮母さんになって子ども達が柔術に専念出来る環境をつくってあげるのが夢なのだそうです。

良いお母さんにもなれそうですし、素敵な寮母さんになって未来のチャンピオンを沢山輩出してくれそうです。

そんな湯浅麗歌子さんの主な獲得タイトル​をご紹介します。

・世界柔術選手権(ムンジアル)ルースター級/-48.5kg 優勝(2018年)

・世界柔術選手権(ムンジアル)ルースター級/-48.5kg 優勝(2017年)

・世界柔術選手権(ムンジアル)ルースター級/-48.5kg 優勝(2016年)

・世界柔術選手権(ムンジアル)ライトフェザー級/-53.5kg 優勝(2015年)

・世界柔術選手権(ムンジアル)ライトフェザー級/-53.5kg 優勝(2014年)

・ヨーロピアン柔術選手権ライトフェザー級/-53.5kg 優勝(2012年)

・アジア柔術選手権ライトフェザー級/-53.5kg 優勝(2012年)

・アジア柔術選手権フェザー級/-58.5kg 優勝(2008)

・アジア柔術選手権オープンクラス/無差別級 優勝(2012年)

・全日本柔術選手権フェザー級/-58.5kg 優勝(2009年)

​出典: RikakoYuasa OfficialWebSite.

 

柔術は試合直前と10分前に計量をするので、体重管理が物凄く大変なんです。

それこそ1年スパンで見ていかなくてはならないので、常に自己管理が必要です。

そんな厳しい世界で2階級制覇できるなんて、なかなか出来ることではないと思います。
本当に素晴らしいことです。

スポンサーリンク

まとめ

元々はダイエット目的で始めた柔術で世界チャンピオン。

元々は生活費を稼ぐ目的でアルバイトしたら料理好き。

 

ここだけ見ると、なんだか偶然やラッキーの連続のように見えますが、その影には人には見せない沢山の苦労や努力があったのだと思います。

試合中の真剣な表情だけでは分からない湯浅麗歌子さんの内面を知れて、ますます応援したくなりました。

大好きなものをたくさん作って、食べて、来年の優勝目指してトレーニングに励んで欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました